銀だことは

No.1のこだわり

「築地銀だこ」の食材へのこだわり!

こだわりその1 たこ

たこ
たこは築地銀だこの一番のこだわりです。世界中のたこの中から厳選したたこだけを使用しています。
独自の手法で塩揉みし一つ一つ丁寧に手切りしたたこを各店舗へ。噛めば噛むほど旨味が出る、プリップリッのうまいたこは私たちの原点であり、誇りです。

こだわりその2 具材

具材
ネギ、天かす、そして紅しょうが。
築地銀だこは、こうした具材へのこだわりもひと味違います。
まず「ネギ」は、たこ焼と相性の良い辛味と甘味のバランスに優れたものだけを使っています。 しかも、常に銀だこに合う小さすぎず大きすぎない食べやすい大きさのものを調達しているのです。
次に「天かす」は、秘伝のだしの入った、築地銀だこオリジナルの“味付け”天かす。
そして、「紅しょうが」は特殊なカッターで形を均一にして、どこを食べても同じような味にしているのです。

こだわりその3 ネタ

ネタ
築地銀だこのおいしさは、表面がパリッ、中がトロッとした独特の食感にあります。
それは水分とオリジナルミックス粉を時間をかけて丁寧に混ぜ合わせるなど仕上げにも手間ひまをかけているからです。
また、素干しえび粉やカツオだしをはじめ、生地青海のりには、それぞれ味や香りにこだわった素材を使用。トロッとした後にジワッと広がる味の多重奏が生まれます。もちろんネタは鮮度が大切ですから、素材の旨みを充分に引き出した新鮮なネタだけを鉄板へ。
タコ本来の旨みがつまった“プリッ”とした食感がお口のなかではじけます。
ソースをつけずに食べてもうまい、築地銀だこならではの秘密がココにあります。

こだわりその4 油(仕上げ)

油(仕上げ)
体にやさしい銀だこオイルになりました。
築地銀だこの使用オイルは、体にやさしいコレステロールフリー(=0ゼロ)のコーン油100%。 使用するコーン油にはコレステロールの低減効果があるといわれている「リノール酸」およびコレステロールの体内への吸収を抑える働きがあるといわれている「天然の植物ステロール」が豊富に含まれています。 香ばしい風味とパリッとした食感がさらにアップして、銀だこのおいしさをより一層ひき立てます。
※たこ焼はコレステロール0ではありません

こだわりその5 トッピング

トッピング
築地銀だこは、トッピングへのこだわりも徹底しています。
のり本来の緑鮮やかな「青のり」は、細かく、やわらかく、香りの立つものを厳選しています。
また、「削りぶし」は、豊穣な香りと、凝縮された旨みのある原料を厳選してブレンド。そして、たこ焼の美味しさをより一層引き立てられるよう細かく削り、たこ焼に最適な状態に仕上げております。
トッピングは築地銀だこにとってバイプレイヤーではなく、一つひとつが美味しさを演出する主役なのです。

銀だこのひみつ

Check 01

Check01
築地銀だこの焼台は鉄板に熱の通りに優れた岩手県南部鉄を使用し、ネタを流し込んだ時に温度が急に低くならないように厚みを出した自社製造のオリジナルです。
鉄板の枠は角をとって斜めにカットし、千枚通しの角度をつけやすいようにアレンジ。また、油をほどよく染み込ませてカリッと焼きあがるよう、丸穴部分を表面塗装せずにかすかに凹凸を残すなど、細部にわたって工夫を施しています。
使えば使うほど味も職人魂も染み出てくる築地銀だこの鉄板です。

Check 02

Check02
「築地銀だこ」の舟は中国の黒竜江省海林市で生まれます。
素材には良質な白松のみを使用し、薄くカンナで削って乾燥させ、厳しく品質をチェックした後に一枚一枚丁寧にロゴマークを焼印し、のり付けしていきます。
また、この舟は、たこ焼の器としての役割だけではなく、余分な油や水分を吸収し、たこ焼の表面のパリッとした食感を保つという大切な役割も持っているのです。
手づくりで丹精込めて作られた「築地銀だこ」の舟は、長き海路を経て、お客様という名の港にたどりつきます。

Check 03

Check03
「築地銀だこ」オリジナルの包材は美味しさをそのままに、安心してお持ちいただける工夫を随所に施しています。
例えばお持ち帰り用のフードパック。
4 カ所にムレ防止用の空気穴をあけてパリッとした食感と風味を保てるよう工夫しています。
また、すこし長めの袋入スティックは、衛生面と安全面に配慮した木串。お箸のように使うと食べやすく、便利です。

Check 04

Check04
「築地銀だこ」のだんらんパックは、家庭でもおいしいたこ焼を味わっていただくため様々な工夫を凝らしております。
パックの特長は優れた保温性と通気性。熱を通しにくい三層構造の箱に8ヵ所の通気穴を施し、ムレを防いでいます。
さらに、中敷きを使用し、たこ焼を点で支えることで、よりパリッとした食感が持続できるようになりました。
“持ち帰ってもあつあつパリパリッ!”を楽しんでいただきたい。
そんな気持ちで作られただんらんパックは身近な方へのお土産や、行楽シーンのお供にぴったりです。
上へ戻る
銀だこを探す